グラフィックデザイナー向け転職エージェントランキング

グラフィックデザイナーの転職のコツ

グラフィックデザイナーで転職するなら、やはり最低でも3〜5年の実務経験は積んでおくことが大事です。その上で自身のポートフォリオを充実させていれば、転職先の選択肢もぐっと広がることでしょう。

また、実際に求人を探す場合もハローワークだけに頼るのではなく、民間の転職エージェントにもグラフィックデザイナーの求人は募集されています。中でもおすすめはリクルートエージェント。多くのグラフィックデザイナーがここで転職を成功させています。

グラフィックデザイナーの転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
グラフィックデザイナーとしての転職をスムーズに行うためには、転職エージェント業界での実績や歴史のある、リクルートエージェントがおすすめです。リクルートグループとしてとても充実した情報ネットワークを誇っており、転職市場に流通していない非公開求人案件も豊富に持っています。グラフィックデザイナー業界に精通したスタッフによる、ピンポイントで役に立つさまざまな業界のトレンド情報の提供を受けることもできます。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェントに比べると、利用者数では若干少なくなりますが、利用者の満足度がおしなべて高いのが、マイナビエージェントです。求人情報を提供する企業側からの評判も高く、マイナビエージェント限定で提供されている非公開求人案件も少なくありません。グラフィックデザイナーの求人案件もそろっており、面接のシミュレーションや提出書類の書き方のアドバイスなど、多角的な転職サポートを期待することができます。


ビズリーチ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
ビズリーチの特色は、年収750万円以上の求人案件に絞って転職斡旋サービスを提供しているところにあります。そのため、対象となる世代も30代後半以上のものが多く、管理職の求人案件も多数そろっています。グラフィックデザイナーの求人案件については、現場で活躍するアーティストとしての案件はもちろんですが、それ以外にもマネジメント部門に寄った業務を行う案件も充実しています。管理職としての転職に力を入れているエージェントのひとつです。


グラフィックデザイナーの転職マーケットの現状は?

グラフィックデザイナーの転職マーケットでは、さまざまなフィールドが用意されています。代表的なところでは、広告制作会社がありますが、最近では広告代理店も社内で広告制作部門を設置するところが増えていますので、広告代理店もグラフィックデザイナーの転職先として人気があります。また、グラフィックデザイナーは広告デザインのプランニングから制作、印刷会社への入稿までトータルにマネジメントを行う仕事ですが、大手の印刷会社のなかには、自社に制作スタッフを配置する傾向もあり、デザインから入稿までをインハウスで行うようになってきています。そのため、グラフィックデザイナーの転職先として、印刷会社をチョイスすることも珍しくなくなってきました。

このように、広告印刷物を制作する会社を中心として、グラフィックデザイナーに対するニーズが多くなっていますが、広告印刷物を依頼する側にも活躍するフィールドが用意されています。広告のクライアントでもあるメーカーには、広告印刷物を含めて自社の商品の広告宣伝活動を総合的にマネジメントをする、広告宣伝部があり、多くのグラフィックデザイナーが活躍しています。具体的には、自社商品のパッケージをデザインしたり、ロゴマークを考えたり、広告印刷物の基本コンセプトを考えて広告代理店や広告制作会社に発注したり、自社製品のデザイン面でのトータルプロデュースを担当しています。

グラフィックデザイナーとして働くにあたっては、上に紹介したように広告の対象となる商品やサービスなどに関連したいろいろな企業や組織において、それぞれ活躍できる領域が用意されています。クライアント側で仕事をしたいのか、あるいは広告の作り手側でクライアントのニーズを形にしていくことにやりがいを見出すのか、広告やデザインに関する自分なりのスタンスを明確にしながら、転職活動を進めていくようにしましょう。

グラフィックデザイナーの転職先としては、企業や組織だけに限らず、フリーランスで働くという選択肢もあります。この場合は、組織に所属して働いていたころのクライアントを引き継いで仕事をしていくことは業界のルールでNGとされていますので、最初のうちは営業活動を積極的に行わなければなりません。収入面においても仕事が軌道に乗るまでは不安定ではありますが、自分の力で道を切り開く、やりがいに満ちた働き方ではありますし、将来自分の事務所を持つことのできる可能性もあります。

グラフィックデザイナーの採用先(働く場所)は?

グラフィックデザイナーの採用先としては、広告デザインに関する業務を行うさまざまなフィールドがあります。グラフィックデザイナーになるためには、高校を卒業したあとに大学で美術を専攻するか、あるいはデザインの専門学校に進学するかというのが一般的ですが、それらの学校を卒業したあとには広告代理店に就職するのが一般的です。

広告代理店は、メーカーなどのクライアントを相手に広告を制作、マネジメントすることを業務としています。グラフィックデザイナーは広告代理店が担当しているさまざまな広告形態のうち、雑誌やDM、新聞、そして看板などのメディアを専門として仕事を行います。具体的には、自分の担当する広告を制作するにあたり、適切な広告制作会社に発注をし、広告制作の現場において適切に工程が進行するようにマネジメントを行います。あるいは、最近では自社に制作部門を設置する広告代理店も増えてきていますが、それらの制作部門のコントロールを行う業務もグラフィックデザイナーが担当しています。

グラフィックデザイナーの働く場所としてほかに人気があるのが、実際に広告制作を担当する広告制作会社です。広告制作会社にはグラフィックデザイナーのほかに、プランナーやディレクター、コピーライターやカメラマンなど、ひとつの広告をさまざまな視点から作り上げていくためのクリエイターが多く在籍しています。グラフィックデザイナーの主な仕事は、これらの多種多様なクリエイターの制作活動を総合的に管理しながら、文字や画像など広告で使用されている各要素をより効果的に配置するために、レイアウトの調整を行います。

ほかにも、グラフィックデザイナーが活躍するフィールドがあります。大手メーカーなどでは、自社の商品やサービスを宣伝するための業務を専門的に行う広告宣伝部を設置していますが、そこではグラフィックデザイナーの総合的なアプローチスキルが必要とされます。自社商品の宣伝にあたっては、広告代理店や広告制作会社に実務を依頼するケースが多くなりがちですが、それ以外にも、商品ロゴのデザインやパッケージデザインなどについては、自社で実施するのが一般的です。それらのデザイン業務も含めて、広告代理店などとのコミュニケーション業務や調整作業など、広告を作り上げていく工程をトータルに管理することも、グラフィックデザイナーに求められるスキルです。

このように、一デザイナーとしてだけでなく、広告制作をマネジメントする職能として、グラフィックデザイナーは活躍しています。


Copyright (C) 2015-2018 グラフィックデザイナー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.